たぬきさんのひとり言


おちび、参上
by babytanuki

<   2008年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

おねだり



お母さんが朝からお台所で何か作ってるよ。

d0149460_18205894.jpg

なんだろう?

d0149460_18212953.jpg

あ、これは!

おっぱいだ〜!!


d0149460_1822433.jpg

...と思ったら違った。
がっかり。


d0149460_18424541.jpg

お母さん、おっぱいちょうだ〜い!


[PR]
by babytanuki | 2008-02-29 18:19 | たぬきさんの生活

私はどっち似?



私を見た人の中には

「まぁたぬきさん、お父さんに似てきたわね」

という人もいれば、

「いやいや、たぬきさんはお母さん似だよ」

という人がいるの。

お父さんとお母さん、全然似てないのに
不思議よね。


いったいどっちなんだろう?


って思っていたら、おじいちゃんとおばあちゃんが
お父さんの赤ちゃんの頃のお写真を持ってきたよ。

d0149460_2353360.jpg

これがそう。
お父さんが生まれてすぐの頃だって。

ちなみにこれが私の生まれたときの写真。

d0149460_2365965.jpg

皆「おお〜!似てる、似てる!」
 「たぬきさんはお父さん似だ!!」

父「光栄だな〜」

d0149460_23192812.jpg

そんなに似てるかなぁ??
(だっこしてるのはおじいちゃんだよ)



〈母の追記〉
私は常々たぬきさんはお父さん似だと思っていました。
ところがたぬき父の弟さんは、
「お父さん似だって言い張るのは日本人の友人でしょ?
 典型的な日本人赤ちゃんの顔をしてないからそう見えるだけだよ。
 ほら、お母さんにそっくりじゃない!」
といつも主張していたので反論できずにいました。

でもこの写真を見て確信を持ちました。
たぬきさんはお父さん似です。

私から生まれたのに面白いですね。

弟さんの彼女は言いました。

「愛し合う2人の遺伝子が混じって子供が生まれるなんて、
 ロマンチックよね!!」

それを聞いてびっくり。
というのも、私は優性遺伝子がどうのこうのとか、
目の色がグレーなのはどうしてなんだろうとか、
そういう科学的な面での発想しか無かったからです。

弟さんの彼女こそ、ロマンチックだと思いました。


d0149460_23144722.jpg

(あなたはロマンチックな存在なのね〜)
[PR]
by babytanuki | 2008-02-26 23:22 | たぬきさんの生活

「母」を読んで思う


今日はたぬき母のひとり言です。
興味の無い人は飛ばしてくださいね。

先日、たぬき父が珍しく家にいたため、
たぬきさんの寝かしつけから解放されました。
時間がなくて読んでいなかった本の中から
三浦綾子さんの「母」を選び、読み始めたところ、
涙、涙で子育ても忘れて一気に読んでしまいました。

このお話は反戦小説「蟹工船」を書いた小林多喜二さんの
お母さんの口から語られているものなのですが、
特高警察によって拷問、虐殺されてしまった多喜二さんが
どんな人柄だったのか、
そして小林家は皆どんなに家族思いだったのかが
よくわかります。

一番印象的なのが、「蟹工船」を書いたがために警察に追われる
多喜二さんとお母さんのこの会話のくだり。

「母さん、おれはね、みんなが公平に、仲良く暮らせる世の中を
 夢見て働いているんだ。小説ば書いてるんだ。
 ストライキの手伝いをしているんだ。
 恥ずかしいことは何一つしていないからね。
 結婚するまでは、タミちゃんにだって決して手ば出さんし... 
 だから俺のする事を信じてくれ」
そう言ってね、私が
「多喜二のすること信用しないで、誰のこと信用するべ」
って言ったら.嬉しそうに笑っていた。


(タミちゃんは貧乏なために両親に売られ、女郎となってしまった
 可哀想な娘で、多喜二さんは多大な借金をして彼女を救ってあげたのです。
 その時も彼のお母さんは反対すること無くむしろ喜んであげました)

ああ、お母さんって子供を信頼していつも支えてあげる存在で
あるべきなのだなとしみじみ思いました。
今のタイミングに、この本を読めて良かった。

この家族は家族に対してだけではなく、周りの人に対しても
本当に思いやりがあるんです。
それは貧乏して苦労したから他人の痛みがわかるのではないかと思います。

「やりたいことをやれる環境」「福祉の充実」を最も大事とする
デンマークに生まれて育った人たちは、苦労や我慢を知らないので
自分勝手な人、周りに気を配れない人が本当に多いです。
自分の子供に辛い苦労をさせたいとは思わないけど、
自分の住む環境が恵まれている、世の中にはたくさん
お金がなくて暮らしに困ったり、病気で苦しんでいる人がいることを知り、
他人への思いやりを持てる子になって欲しいです。
それが一番大きな課題。

それにしても、多喜二さんは警察にむごい仕打ちを受け、
亡くなってお母さんの元に帰ってきた時には
見るも無惨な状態だったそうです。
彼のお母さんはどんな気持ちでそれを受け止めたのだろうと
想像すると涙が出てきます。



d0149460_16484412.jpg

今日私はお休みさせていただきました...zzz
[PR]
by babytanuki | 2008-02-24 16:52 | 母のひとり言

求ム☆ボランティア



私、誰かに抱っこされるのが大好きなんだ。

d0149460_21195667.jpg

若い人も


d0149460_21203839.jpg

そうでない方も


d0149460_21211159.jpg

国籍、人種を問わず


d0149460_2122731.jpg

(特に若い男性の方!)


ボランティア、お待ちしてます!!



〈母の追記〉
たぬきさんは抱っこじゃないと眠れません。
寝たな〜と思って布団に寝かせると
「うぇ〜ん」と泣いてしまいます。
おかげで母はトイレに行くタイミングも逃してしまいます。

という訳で、たぬきさんを抱っこしてもいいという方、
お待ちしてます!!
[PR]
by babytanuki | 2008-02-22 21:25 | たぬきさんの生活

今日で最後...



大好きなお風呂に入った後は
お楽しみのこれ。

d0149460_2193071.jpg

ぶおぉ〜ん。
暖かい風が出るの。
きもちい〜い!

母「たぬきさん、ずいぶんムチムチになったわね。
  そりゃぁ授乳の時に腕もしびれるはずだわ...」

どき...。
それは言わないで!


あ!今日はお気に入りのお洋服を着せてもらえるのね。
嬉しいわ〜。

d0149460_2213843.jpg

あれ、なんかちょっと今迄と違うような...。

母「あらあら、この洋服も小さくなっちゃったわ。
  もうこれを着るのは今日が最後ね」

えー!このお洋服、お祝いにもらったけど
まだ2、3回しか着てないよ。

切ないわ〜。


〈母の追記〉
生まれたばかりのときは一番小さいサイズ(50cm用)でも
ぶかぶかだったのに、いつの間にかそれが寸足らずに!
子供の成長って本当に速いんですね。

この洋服は私も気に入っていただけにちょっとショック!
本当は成長を喜ばなくてはいけないんでしょうけど、
ちょっと複雑な心境です。
[PR]
by babytanuki | 2008-02-21 02:15 | たぬきさんの生活

楽しい週末 日曜日編



今日は日曜日。
お父さんは今日もお休みだよ。

今日はお父さんのお友達一家が来てくれたよ。

d0149460_18453559.jpg

男の子ばっかり3人もいるんだよ。

男の子達は走り回ったり喧嘩をしたり大騒ぎ!
お母さんがぽつりと
「1人でも大変なのに...」
って言ったのを私は聞き逃さなかったわ。

d0149460_18472132.jpg

(お父さんのカウボーハットとロシアの海軍の帽子を
 かぶって大喜びの2人)

2番めの子は絵を描くのが大好きで、私の絵も描いてくれたの。

d0149460_18521514.jpg

一番右が私。その隣がお父さん。

何故かその隣はお母さんじゃなくて、
彼のお兄ちゃんなんだって。

(あら!今日は私の写ってる写真が1枚も無いわ〜)


[PR]
by babytanuki | 2008-02-17 18:42 | たぬきさんの生活

楽しい週末 土曜日編



今日は土曜日。
お父さんはお仕事がお休み!嬉しいな〜。

見て見て!

d0149460_1824250.jpg


乳母車買ってもらったの!
左はいとこので右が私のよ。

d0149460_184517.jpg

中はこんなんなってま〜す。


というわけで、今日はお父さんとお母さんとお散歩!
わーい。わーい。

d0149460_18142361.jpg

父「たぬきさんのスーパー乳母車のお通りだぞー!」

母「ちょっと、そんな乱暴に押したら
  たぬきさん起きちゃうじゃない!」


近所を一回りしてお家に帰ったよ。

父「じゃぁ、たぬきさん、お父さんお出かけしてくるからね!」

え?どこへ行くの??

母「お父さんは魚釣りに行くんだって。
  2人で仲良くお留守番してましょうね」

え〜!もっと私と遊んでよー。

d0149460_18123673.jpg

寂しいなー。
早くお父さん帰ってきてね。


[PR]
by babytanuki | 2008-02-16 18:00 | たぬきさんの生活

お知らせ


日本に行く日程が決まったよ!

イースターの後、3月26日(日本着27日)から
5月11日になります。

お父さんも一緒なんだけど、お仕事があるから
4月13日で帰っちゃうんだ。

日本の家族と会えるのが楽しみ。
お母さんのお友達の皆さんも是非遊びにきてね!

日本には美味しい物がたくさんあるんだって!
お母さんが言ってたよ。

d0149460_3303143.jpg

待ち遠しいな〜。



関係ないけど、今日はいとこの誕生日でお呼ばれしました。

d0149460_331812.jpg

来年は一緒にケーキを食べたいなー。

あ、あとバレンタインデーだからチョコレートも欲しいな!


[PR]
by babytanuki | 2008-02-14 16:39 | 日本滞在

祝☆1ヶ月



私は昨日迄「新生児」だったけど、
今日からは違うのよ。

だって生まれて1ヶ月経ったんだもの。

何だかちょっと大人になった気分。

d0149460_2148526.jpg

食欲旺盛で、お母さんのおっぱいだけじゃ足りないわ!

(注 抱っこしてるのはお父さんです。
 お母さんはこんなに毛深くないよ)



〈母の追記〉

おかげさまでたぬきさんが生まれてから1ヶ月が経ちました!

d0149460_22111039.jpg

生まれた日 体重2250g、身長46cm

d0149460_2284329.jpg

1ヶ月後 体重3100g、身長51cm
(私自身が生まれたときとほぼ同じ)

これって私が1ヶ月で身長が15cm、
体重が20kgも増えるのと同じ!
す、すごい!

どうしてお腹の中であんまり育たなかったんでしょう?
不思議です。

保健士さんも順調に太った成長したたぬきさんを見て
笑って微笑んでました。

小さく生まれて大きく育つたぬきさん。
日本に行く時にはかなり大きくなっている事でしょう。
[PR]
by babytanuki | 2008-02-13 22:12 | たぬきさんの生活

1ヶ月前



ちょうど一ヶ月前の、私とお母さんの写真。

d0149460_19374158.jpg

この時私はお母さんのお腹の中にいたのね。

何だか遠い昔の事のよう...。



〈母の追記〉

これはちょうど1ヶ月前、たぬきさんが生まれる前日の
1月12日の早朝に病院へ駆けつけたときの写真です。
(その時はまだ陣痛が弱くて朝6時に家に帰らされたのですが...)

この1ヶ月間いろんな事があったため、私にとっては
もう1ヶ月、というよりはまだ1ヶ月という感じです。

たぬきさんは私のお腹にいたときの事を覚えているのでしょうか?
お喋りできるようになったら聞いてみたいと思います。

楽しみだなー。
[PR]
by babytanuki | 2008-02-12 19:39 | たぬきさんの生活


カテゴリ
全体
たぬきさんの生活
お父さんとお母さん
デンマーク
日本滞在
母のひとり言
ホリデー
たぬきとお豆
お豆の生活
たぬき三姉妹
おちびの生活
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧